事例一覧

課題No.現状分析フェーズで抽出された課題
1組織として成果があがらないのは、“自分の特性”を理解していない個々人で組織が形成されているからです。
2各々の力は十分に備わっているものの、チームとして個々のつながりが欠如しているため、組織としての成果があがらないと考えられます。
3“相手の特性”、“組織の特性”を各々が理解して動いていますが、それらの特徴を成果に結びつける段階で落ち度があるため、組織としての成果が十分にあがっていないと考えられます。
4リーダーがメンバーに影響力を与えられていない理由は、リーダーの軸が定まっていないからです。軸が定まっていない状況で仕事を任せているので、メンバーの本来の役割を果すことが難しいという状況を作りだしています。
5リーダーはメンバーの状況を把握する力はあるもの、相手の状況に合わせたアドバイスや行動ができていないために、パフォーマンスの低下を招いていると考えられます。
6OJTトレーナーがトレーニーをうまく育成できない要因は、“相手の特性”を十分に理解していないからだと考えられます。人間関係を構築する力は高いので、この部分を重点的に強化すれば効果が上がると思われます。
7“自分の特性”を十分に理解していないことが問題の本質です。そして、それが、良好な人間関係を築くことができないという表面上の問題を作りだしています。
8営業成績が上がらない要因は、相手の状況に合わせた対応がとれていないためだと考えられます。
9研修での学習効果と企業が求めている成果がむすびついていない。
10ミッションと組織の特性があまりにもアンバランスなため成果が生まれにくい組織になっている。
11組織の特性にあったマネジメントを実施し成果をあげたにも拘わらず、それができなかったA氏と同じ報酬である。すなわち、公平さが保たれていない。

テーマ一覧

業種一覧

現在製作をしております。
公開までもうしばらくお待ちください。