効果性の高いエデュケーションプランを設計 (目的:マネジメント力の向上)

エデュケーションプラン設計フロー (目的:マネジメント力の向上)

まず始めにヒアリングを行い、組織のあるべき姿を定めることで、最適なマネジメントスタイルを特定します。
次に組織診断ツール:スキャニングから導き出せる診断結果をもとに分析を行うことで、問題の関係性を明らかにします。

最後に、

  • 本質的問題の抽出
  • 効果を生むためのポイント
  • エデュケーションプランの設計

という3つのプロセスを踏むことで、マネジメント力を高めるエデュケーションプランを構築します。

マネジメントスタイルを特定

組織の現状やミッションをヒアリングすることで、“組織のあるべき姿”がどのようなスタイル(=型)なのか?
「コントロール型組織」、「クリエーション型組織」、「バランス型組織」から判定を行い、最適なマネジメントスタイルを特定します。

問題の関連性

組織診断ツール:スキャニングに含まれている7つの分析の中で、「マネジメントシナジー分析」、「リーダーシップシナジー分析」、 「マネジメント特性分析」、「リーダーシップ特性分析」の4つの項目を重点的に分析することで、マネジメント力を発揮するにあたり障 壁となっている問題について、その関係性を明らかにします。

本質的問題の抽出 ⇒ 効果を生むためのポイント ⇒ エデュケーションプランの設計

「本質的問題の抽出」、「効果を生むためのポイント効果性の高い」というプロセスを踏んだのちに、最終アウトプットとして、 効果性の高いエデュケーションプラン(目的:マネジメント力の向上)を設計いたします。