シナジースコープサービス

いかに優秀な人材がいようと、組織がその人材を使いこなすことができなければ成果は生まれません。
いかに協調性がとれた組織であっても、その組織を業績に結びつけるマネジメント力がリーダーに備わっていなければ成果は生まれません。

シナジースコープサービスは、個人の特性が組織によって活かされ、組織の特性が個人によって活かされる環境を創り上げることで、企業が持っている本来の力を引き出すサポートをいたします。

サービスフロー

シナジースコープサービス実現のために、3つのフェーズが存在します。
フェーズ1: 現状分析
フェーズ2: 解決策導入
フェーズ3: 効果測定

フェーズ1: 現状分析

相乗効果を生むためには2つの条件を満たすことが必要不可欠です。

条件1
“個人の特性”と“組織の特性”を正確に把握している。
条件2
特性同士がつながり合うことで生まれる効果を正確に理解している。

本フェーズでは、分析ツールを用いて、“個人・組織の特性”と“特性同士から生まれる効果”の分析を行います。

フェーズ2: 解決策導入

現状分析の結果、相乗効果が生まれていない要因が人事機能にある。
もしくは、人事機能の強化が更なる相乗効果を生み出すと判断した場合は、「コンサルテーション」を提案・実行します。

相乗効果が生まれない要因が人材・組織にある。
もしくは、人材・組織の活性化が更なる相乗効果を生み出すと判断した場合は、「エデュケーション」を提案・実行します。

フェーズ3: 効果測定

導入された解決策により、どのような効果が生まれたのかを実際に測定します。

現状分析 解決策導入 コンサルテーション エデュケーション 効果測定 現状分析 解決策導入 コンサルテーション エデュケーション 効果測定 現状分析 解決策導入 コンサルテーション エデュケーション 効果測定